ネカフェとカプホ、どっちにするか

何かと比較される

カプセルホテルの進化が度々ネットを通して話題になる度に浮かんでくるのが、ネットカフェだ。こちらは元々宿泊するための施設ではありませんが、近年ではネットカフェ難民なる言葉が生み出された事もあるくらい、宿泊施設代わりにしている人が多い。こうした情報も海外の人、日本に興味を抱いている人たちはどんなところなのかと調べるようですが、素直な反応として利用したくないと答えている人が多い。最初は良いかもしれないと思っても、あまりのスペースの狭さによくここで寝ていられるなどいう意見が多かった。

それは同感だ、筆者もネットカフェは一時期利用していたものの、寝るための場所として見ることは殆ど無い。大学時代に、授業の空き時間から利用していた事もあったが、あくまで仮眠程度。数時間の利用だけで体が痛くなり、とてもではないがここで何日と生活し続けるなんて、というのが考えられなかった。そう思えば安ければいい、という発想で寝泊まりしている人たちの心情が正直凄いと同時に、ここまでするかと言いたくなってしまいます。

また外国人からも至極当然と言わんばかりの意見が出てくる辺り、ネットカフェを寝泊まりしている人はカプセルホテルに泊まったほうが良いのではないか、などとも言われるほどだ。

ネットカフェの代金

ネットカフェは安くて一日寝泊まれるから良い、なんてことをさらっと言っている人がいるとする。それは違うだろうと言いたくなる、そもそも宿泊施設ではないのだから色々な問題が生じやすいのだ。安ければどこでも良い、という発想こそネットカフェに用いてはならないと最近は思っている。

2ヶ月ほど前、終電を逃して立ち往生も仕方がなかったのでネカフェへと訪れた時思ったのが、大学生時代によくこんな狭っ苦しいスペースで寝ていられたなと真っ先に自分の中で思い浮かんだ言葉だ。おまけに何かとネカフェならではの問題も言われていたのをその時体験して、こんなところに泊まって何ヶ月と生活している人とはどんな人なのか、そうとも考えてしまった。

一日2,000円払ってネカフェにいる位なら、同じくらいの料金でカプホに宿泊したほうが何倍もいいでしょう。それでもネカフェが良いと答える人はいるようですが、その理屈はほとんど通用しなくなってきていると言って良いはずだ。

弾丸ツアー特集

カプセルホテルの進化で

カプホよりもネカフェの方が良いと答える人も当然いるはずです、ですが何が良いのかというのを考えてみる。例えばだが、

漫画がたくさんおいてある

パソコンが常時使える

ジュースやスープなどが飲み放題

アメニティも無料で借りれる

シャワーがあれば使える

といった点だろうか。漫画にしてもパソコンにしても、あれば越したことはない。しかしジュースなどの清涼飲料水が飲み放題と言っても、それが良い点かと聞かれたら疑問符を投げかけたくなる。コーヒーにしても何にしても安いと思っているでしょうが、果たしてそうでしょうか。

値段の安さにつられて利用している人も一度考えてもらいたい。ネットカフェを『宿泊施設』代わりにしているのなら、断然カプセルホテルの方が良いという事実に。

安眠できるかどうか

そもそも睡眠を取るのは体のためでもありますが、同時に快適に寝られたかどうかが最大の焦点です。ネカフェとカプホだとどちらが良いかという問いには、問答無用で後者になる。ではどうしてネカフェは快適に寝られないのかというと狭いスペースというのもありますが、簡易宿泊施設という概念がそもそもないことが問題だからだ。そのため清潔にするといっても程度の問題になり、ホテルのように徹底した清掃を行うところもない。それは臭いという問題に関してもだ。

ネカフェの空気は汚いと言われているが、まさにその通りだ。中には禁煙エリアも定められているものの、充満した密集空間のためにどうしてもタバコと汗、その他諸々の臭いが混ざり合ったような独特な香りを久しぶりに嗅いだ際にはしばらくいいと素直に思ってしまったものです。

こうした点はカプセルホテルではさほど気にする必要はありません。最近では清掃を徹底しているところも多く、簡易宿泊所でありながら豪華さをウリにしている点を鑑みれば圧倒的に違いが出てくる。

激安航空券ならここ!

カメイペイントでは、この3つの目標(テーマ)として、具体的な現場作業に取り組んで行きたいと思っております。第3.常に新しい塗装の提案

実際高い

それでもネカフェが良いという人もいるでしょうが、果たしてそうでしょうか。例えば1日2,000円で宿泊できると言っても、それが一ヶ月丸々となれば月60,000円程度の出費になる。これでも安いのか、これならそれ以下で借りられる賃貸に引っ越した方がマシではなかろうか。光熱費や水道代など諸々掛かるにしても、生活の仕方で十分ネカフェ以上のプライベート空間が保たれます。カプセルホテルにしてもネカフェにしても、あくまで一時的に寝るための施設。

ただそんな2つを天秤に乗せた際に、おすすめと言えるのは当然カプセルホテルになります。